リピート率を大幅にアップさせる方法

リピート率を大幅にアップさせる方法

「単純接触効果」を利用してリピート率を大幅にアップさせる方法とは?

 

新規で来店された方がみんなリピーターになってくれたら・・・自宅サロンのオーナー様なら誰しも一度はこのようなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

 

ですがその全てではないにしろ、あることを実践するだけでリピート率を大幅にアップさせている自宅サロンのオーナー様がいらっしゃいます。

 

そのオーナー様が実践しているものこそが今回のタイトルにもある「単純接触効果」を利用した方法なのです。

 

単純接触効果って何?
その方法をご説明する前にまずはこの「単純接触効果」についてお話ししましょう。

 

単純接触効果とは心理学の法則の一つで
「接する機会が多くなればなるほど、相手に対して好感を抱きやすくなる」
というものになります。

 

ビジネスの面以外でも毎日職場で会う同僚のことが気になったり、毎日通勤の電車やバスで会う人が気になったりと恋愛の面でも単純接触効果が働くと言われています。

 

また人に対して好感を抱く以外にも、TVのCMで毎日流れている歌やメロディーをいつの間にか口ずさんでいる時もこの単純接触効果が関係しています。

 

つまり何らかの方法でお客様に接触する機会を設けることで自分の自宅サロンに対して好感を持って頂いたり記憶に残すことが可能になるのです。

 

単純接触効果の結果、お客様の好意を得られれば勝ち
自宅サロンの経営と言うのは人と人とのコミュニケーションの上に成り立っているものです。

 

そのコミュニケーションが上手くいかずに、あの店や働いているスタッフが嫌いと思われてしまえば当然その方はリピーターにはなってくれません。

 

逆にお客様から自宅サロンやスタッフのことを好きになってもらえればよっぽどの事がない限りそのお客様はあなたの自宅サロンにリピーターとしてやって来てくれることでしょう。

 

もちろん技術やサービスに満足してもらうことが大前提ではありますが、それに加えてお客様とどんな形でもコミュニケーションを取り続けることが好意を持ってもらうことに繋がるのです。

 

今すぐできる単純接触効果の活用法
ご自身の経営する自宅サロンで今すぐに単純接触効果を図るために有効だと考えられるのは以下の手法です。
DMの送付
ニュースレターの配信
メールの送付

 

毎日お客様とリアルで接するのは現実的には不可能ですので、上記のように間接的に接触する方法を利用してコミュニケーションの回数を増やしましょう。

 

DMなどはすでに多くのオーナー様が利用されているかとは思いますが、DMというのは他の店舗も送っていることが想定されるので、違いを付けて開封率を高めるめに印刷ではなく手書きや手紙に変えてみるのも効果的です。

 

またニュースレターを配信して定期的にお客様とコミュニケーションを図る方法もあります。

 

ニュースレターの場合、DMやメールに比べて情報量が多く目立つので読まれる確率は非常に高いと考えられます。

 

またメールを上手く活用すればコストもかからないですし、一斉送信も出来るので短時間で多くの方に向けて情報を発信できるメリットがあります。

 

ネットとリアルどちらの方が効果が高いのか
SNSの普及やホットペッパービューティーなどを利用した予約システムの充実などで紙媒体はもう効果が無いのではと考えている方も多いようですが、ネットにはネットのリアルな媒体にはリアルのそれぞれの良さがあると思います。

 

また多くの方がネットの方に流れてしまった今だからこそ紙媒体などを使ったリアルな方法の方が他店との差別化を図ることが出来る場合もあるでしょう。

 

もちろんこのネットとリアルどちらがより効果的なのかという答えはありません。

 

しかし、あなたが出店している地域、顧客の客層、ターゲット層によってはその反響が変わってくるのは間違いありません。

 

比較的年配の方をターゲットにしているのに情報を発信しているのがインスタグラムだけでは多くの顧客に伝わっているとは言えませんよね?

 

このようにネットとリアルどちらにすべきなのかは少し手間でも実際に両方を試してみることをおススメします。

 

その中で反響が大きかった方法をブラッシュアップしていけば効率よくお客様に情報を訴求できるようになるのではないでしょうか。

 

単純接触効果でオススメはニュースレター
ニュースレターは自宅サロンが発行する新聞のようなものでDMやメールなどと違い定期的に発行されるのが前提のため、自然にお客様と触れ合うことが出来るツールです。

 

また情報量も多く、売込みばかりの内容になりづらいので、違和感なく複数回お客様と接触をすることが可能となっており非常にオススメしています。

 

待ちの商売から会いに行く商売へ
自宅サロンを経営しているとどうしてもお客様を待つことばかりになってしまいがちですが、他の店舗同様、待っているだけではお客様を獲得することが出来ない時代です。

 

今回ご説明してきた単純接触効果を図るための手法と言うのは、いわば自分からお客様に会いに行く商売と言って良いでしょう。

 

そしてこの会いに行く商売を実践している店舗はまだまだ少ないのです。

 

待つ商売から会いに行く商売の流れに乗り遅れないように今から早めに対策してライバルに差を付けてしまいましょう。

 

 

自宅サロンのDM反響率が倍に?!誰でも出来るDMの反響アップ方法とは

 

自宅サロンの売り上げに大きく関わってくるのが新規顧客の獲得とリピーターです。

 

いくら新規顧客が増えたとしても一度来店してくれた方が自宅サロンのリピーターになってくれなければ金の卵をみすみす逃しているということです。

 

そこで多くの自宅サロンがリピート対策として行っているのがDM(ダイレクトメール)です。

 

新しいメニューやお得なクーポンなどを掲載し来店に繋げるために以前から使われている手法ですがあることをするだけでDMの反響を簡単に倍にすることが出来るとしたらあなたはどう思いますか?

 

そこで今回はこのDMにひと手間加えてその反響を高める方法についてご説明したいと思います。

 

そもそもDMに効果が有るのか?
DMとはその名の通りお客様の希望とは関係なく店舗が勝手に送る手紙のことです。

 

DMを送っている自宅サロンの多くがコストも安く手間の少ないハガキタイプのDMを送っていると考えられますが、あなたはこのようなDMが自宅に届いたときどのくらいそれをチェックしていますか?

 

本当のところで言えばあなたほとんどDMを見ないか、見てもきちんと読んでいないのではないでしょうか?

 

それもそのはず、ハガキタイプのDMはお客様だって見慣れてしまっているからです。

 

よっぽどお得な情報や目を引く内容なら話は別ですが、ほとんどのDMがただの文字の羅列なら大抵は届いてすぐにゴミ箱行きなのがオチです。

 

それではわざわざ経費をかけてDMを送っても意味がありませんし、DMによる反響が少ないのも容易に想像できます。

 

ではDMを送ることに意味が無いのかと言えば答えはNOです。

 

どの店舗も代わり映えしないDMだとするなら、あなたがお送りするDMが他の店舗と一線を画す内容にしてしまえばいいのです。

 

その方法として最適なのがDMを「お手紙」に変えるという方法です。

 

このお手紙とはハガキではなく便箋と封筒を使った本格的なものを指します。

 

DMを手紙にすることによって得られる効果とは
今まで印刷したハガキを出すだけだったのを手書きの手紙に変える、たったこれだけで今までのDMより大きな反響が得られるのですがその理由として
ハガキに比べて読まれる回数が飛躍的に高まる
特別感を抱き思い出に残る
単純に喜ばれる
これらが挙げられます。

 

そもそもDMを送る目的と言うのはお客様に対して情報を発信し、それを読んで貰うことで自分の自宅サロンの事を思い出してもらい来店を促すということです。

 

ですが、様々な店舗から毎日のように届くDMというのは最早読むものでは無くお客様にとっては邪魔なゴミの一つになってしまっています。

 

ですが便箋に入った手紙が届いたらどうでしょう?

 

今の時代自分宛てに手紙が送られてくることなんてそうそうありませんから全く読まずに捨てる方はほとんどいらっしゃらないと思います。

 

この時点で第一段階の「読んでもらう」はクリアですよね。

 

その次に手紙を読んだお客様は自分の自宅サロンから届いた手紙だと分かって来店した時のことを思い出すでしょう。

 

そして手紙を貰ったことを喜んでせっかくだから今度また来店しようという思考になります。

 

このようにいくらDMの内容やデザインを工夫してもそもそも読まれる確率が低いのなら圧倒的に読まれる確率が高い手紙は訴求方法としては非常に優れているのです。

 

手紙には何を書けばいいのか
この手法ではお客様が手紙を貰うことに慣れていない隙を狙う訳ですが、それと同様に手紙を書くこと自体少ない皆様はどんな内容を書けばいいのか分からないかと思います。

 

そこで以下のような定型文を予め作成しておくことをおススメします。

 

定型文さえ完成していればそれにちょっとしたコメントを付け足すだけで十分手紙として完成しているのでスタッフ間でもシェアしやすいのではないでしょうか。

 

前回来店のお礼
ホームケアの方法
次回の施術のご提案
パーソナルメッセージ
これらを盛り込むだけで簡単に手紙が完成してしまいます。

 

また自宅サロンでお客様ごとのカルテを作っている場合には、その内容を見返して来店した際に会話した内容などを記載しても良いかもしれません。

 

手紙はいつ出すのが理想なのか
自宅サロンで手紙を出すタイミングとしては「なるべく早く」がポイントです。

 

理想としては来店当日にポストに投函して欲しいのですが、現実的には難しいと思うのでなるべく早くお客様の手元にお手紙が届くようにしてください。

 

なるべく早くお手紙を出した方が良い理由は感動と記憶を定着させるためです。

 

あなたが精一杯の接客とサービスをお客様にご提供したなら、お客様はきっと満足した気持ちで岐路についたはずです。

 

その嬉しかった気持ち、楽しかった気持ち、ワクワクした気持ちが薄れる前に手紙で追い打ちをかけて欲しいのです。

 

その感動がまだ高まっている内に手紙が届けば、一時の記憶からずっと残る記憶に変わるはずです。

 

楽しかった記憶が残れば人はまたその感動を味わいたいと思う生き物ですからリピートしてくれる確率は高まるでしょう。

 

また来店サイクルが長い業種などではすぐに感動を生み出せなくても、次回来店のタイミングで手紙を出す際にお伺いの内容を書くことで新たな感動を創出することが出来ます。

 

「前回ご来店いただいてから1か月ほど経ちましたがその後お困りごとはございませんか?何かあればいつでもご連絡下さいね」

 

手紙の中にこんな一文が添えられているだけでもきっと親切な自宅サロンだなと感じて頂けるはずです。

 

誰にでもできそうなのに誰もやっていないのがまさにこのお手紙作戦です。

 

他店との差別化を図り、お客様にリピートしていただくためにも是非試してみてはいかがでしょうか。