【保存版】自宅サロン開業の3ステップを大公開

【保存版】自宅サロン開業の3ステップを大公開

 

ここでは自宅サロンを開業するまでの流れを3つのステップで解説していきます。

 

この流れに沿って見て頂ければ、自宅サロンを開業するまでの最適な道のりがきっと見えてくると思います。

 

まず3つのステップは以下のようになっています。

 

  1. 自宅サロンの具体的イメージを固める
  2. 自宅サロンのメニューを考える
  3. 自宅サロンの開店準備

 

では一つずつ確認していきましょう。

 

ステップ1:自宅サロンの具体的イメージを固める

自分の「好き」と「嫌い」をしっかりと理解する

自宅サロンの開業においてある意味最も重要なのが「どんな自宅サロンを作るのか」これを明確に決めることです。

 

あれもこれもと詰め込んでしまうと全体がぼやけてしまい、結局ここは何が出来る自宅サロンなのか分からなくなってしまうからです。

 

そうならない為にまずは自分がどんなことが「好き」でどんなことが「嫌い」なのかをしっかりと理解しましょう。

 

特に日本人は自己主張を良しとしない風潮があるので好きと嫌いがはっきりしていないと、自宅サロンを開業したとしても周りに流されてしまい結果的に失敗・・・なんてことにもなりかねません。

 

何よりも大切なのはあなたが本心で望んでいることをする自宅サロンを作るということです。

 

周りに影響され望んでもいないことをやり続ける自宅サロンなんて経営する意味がありません。

 

本心で望んでいることをするからこそ自分もお客様も幸せになれる自宅サロンになるのです。

 

自分の「ウリ」を見つける

自宅サロンのオーナーであり従業員である皆様にどんなウリがあるのかはある意味最も重要なことかもしれません。

 

自宅サロンの従業員が自分一人なら、あなたの接客やサービスが自宅サロンの評判に直結するからです。

 

そこでお店のコンセプトを決める前に、まずは自分にどんな長所やスキル、経験があるのかを一度書き出してみて下さい。

 

そこから導き出された長所やアピールポイントは今後、自宅サロンのメニューやコンセプトにも大いに関係するはずです。

 

たまに資格が全く無い、長所が見当たらないという方がいらっしゃいますが、資格はあるに越したことはないですがお客様はあなたの資格の数で自宅サロンに来る訳ではありません。

 

また自分では短所だと思っていてもそれが長所に変わる可能性だって考えられます。

 

大切なのはあなたの自宅サロンに来店されるお客様は「あなた自身」に会いに来るということ。

 

自分にダメ出しをし過ぎずにまずは自分に向き合って今持っているスキルをもう一度掘り下げてみましょう。

 

どんな人に来てほしいかを具体的にイメージする

自宅サロンの業種・業態にもよりますが、多くの自宅サロンの場合、開業前にある程度のターゲット層はイメージしているかと思います。

 

ここでポイントとなるのが今あなたが考えているイメージよりさらにターゲット層を絞って欲しいという事です。

 

ターゲットは絞るよりもある程度広くした方がお客様が多くなりそうに感じますが、誰にでも幅広く来てほしい自宅サロンというのは、逆に言えばどのターゲット層にも選択されないという危険もあるのです。

 

ですが自分の自宅サロンに来てほしい層をより明確にすることで、お客様も自分に合う教室や自宅サロンを選びやすくなります。

 

お客様にとっても「誰にでも来てほしい自宅サロン」より「自分に来てほしい自宅サロン」の方が断然魅力的に感じるのです。

 

またターゲット層をきっちり絞ることがトラブル回避になることもあります。

 

例えば自宅サロンに「どなたでもお気軽にお越しください」と書き込んでしまったが故に、それが原因で予期せぬトラブルに巻き込まれてしまったケースも多いです。

 

ですが、ターゲットを絞り線引きを明確に行っておけば、このようなトラブルを回避できる確率はグッと高まるでしょう。

 

自宅サロンの場合、プライベートスペースでもある「自宅」にお客様をお招きするため一つのトラブルが命取りになることもあります。

 

そういったリスクを回避し、またより魅力的に感じて頂くためにも求めるターゲット像をしっかりと絞っておきましょう。

 

お店のコンセプトを決めよう

ここまで自分の好き嫌いやアピールできるポイント、ターゲット層を明確にしてきましたが、それらを踏まえて自宅サロンをはじめる時に一番大切な「コンセプトづくり」を行っていきましょう。

 

自宅サロンにおけるコンセプトは「皆様が自宅サロンをやる理由」です。

 

このコンセプトがしっかりしていればお客様へのアピール力も強まるでしょうし、自宅サロンで提供するメニューが変わったり、今後店舗が移転したとしても軸がブレません。

 

ただ、自宅サロン開業までの道のりの中ではあなたの思い以外にも色々な考えに触れる機会もあるかと思います。

 

その時にあなたの思いや軸がしっかりしていないとそういった第三者の意見に悩んでしまうことも多くなるでしょう。

 

しかし、コンセプトが明確で自分の思いに一貫性があれば必要以上に他人の意見というのは気にならないものです。

 

大切なのは、あなたの開業する自宅サロンにはあなたの思いに共感してくれた方や、あなたの自宅サロンに行くことでメリットを得られると感じた方が訪れるのであって、あなたの自宅サロンと他の自宅サロンは考えが違っていて当たり前なのだということです。

 

自宅サロンに求めるものは人によって違うので時には批判されたり理解されないことがあるかもしれません。

 

ですがそんな時にブレないコンセプトを持っていることで自分が本当に提供したい事や自宅サロンを開業した時の新鮮な気持ちに立ち返ることが出来るのです。

 

このように自宅サロンのコンセプトは今後の成功と発展に大きく関係するものです。

 

「とりあえず」や「なんとなく」といったいい加減なコンセプトではせっかくオープンしても失敗するのは目に見えています。

 

自宅サロン経営を成功に導くためにも自分の自宅サロンのコンセプトはより詳細により明確なものにしましょう。

 

 

ステップ2 自宅サロンのメニューを考える

メニュー作りが大事な理由

自宅サロンにとってのメニューはお客様にとって一種の「招待状」のような役割があります。

 

例えばあなたは次の2つのメニューがあるとしたらどちらの店舗に行きたいと思いますか?

 

  • お肉たっぷりが自慢!ローストビーフ丼なら○○!
  • 丁寧に火を通しているからどこよりも肉汁たっぷり!とろけるローストビーフ丼なら○○!

 

どう考えても後者のメニューの方が食欲をそそりませんか?

 

このようにメニュー作りにおいて重要なのは「あなたの自宅サロンでしか得られないもの」をメニューにするということです。

 

他の自宅サロンと同じメニューではお客様に自分の自宅サロンを選んでいただく理由を見つけてもらえません。

 

そうならない為にもメニューでオリジナリティを出してお客様に選ばれる自宅サロン作りをしていくことが大切なのです。

 

メニュー作りは料理と同じ発想で

いよいよメニュー作りについて具体的なご説明になります。

 

メニューを作る上で大切なのは何といっても
「どうやったらお客様に喜んでいただけるか」
これを追求することに尽きます。

 

まずは具体的な内容を決めるよりもお客様の目線に立ってとにかく自分がされたら嬉しいサービスやアイデアをどんどん書き出してみて下さい。

 

またステップ1で書き出した自分の好きなことやスキルもまたメニュー作りの材料になります。

 

同じ材料で料理を作っても人それぞれ味付けや見た目が異なるように、今自分が考えうる材料をどのように料理すれば最も美味しくなるのかを徹底的に追及してみましょう。

 

メニューのポイントは3つまで

先ほどの過程でメニューの大まかな構想が決まったかと思います。

 

そこでこの項目ではある程度定まったメニューの内容をもう少し煮詰めていく作業を行います。

 

具体的な内容としては一つのメニューや講座にどの程度の内容を盛り込むのか、それは決められた時間内でキチンと収まっているのかなどを細かく検討していきます。

 

特にコースごとの時間配分は非常に重要です。

 

コースや講座の時間を決めているにもかかわらず、時間内で収まらないほど内容を詰め込んでしまえばその次の予約をしている方にも迷惑がかかりますし、何より内容をきちんと消化出来なかったとお客様が感じてしまえばあなたの自宅サロンに二度と足を運んでくれないでしょう。

 

そこでオススメしたいのが絶対にオススメしたいポイントを3つに絞るという手法です。

 

コースの内容や講座の内容を多くても3つまでに絞ればお客様の印象に残りやすいだけでなく時間配分なども計算しやすくなります。

 

あれもこれもと詰め込んで結局何をしたのかぼやけてしまうよりも、その日その時に絶対おすすめしたいポイントを絞ってあげることが結果としてお客様の記憶により深く刻まれるのです。

 

サービスに合う価格を設定しよう

メニューを決める際に、その内容と共に悩んでしまうのが価格設定です。

 

特に女性の場合は自分だけが目立ってしまわないように周りと上手くやろうという意識が強く働くので価格設定も周りの同業に合わせがちになります。

 

もちろん他者に意識を向け周りと協調するのは決して悪いことではありません。

 

しかしその意識は時に過剰なサービスや価格競争に巻き込まれるリスクもあるのです。

 

また価格だけで勝負してしまうとあなたの自宅サロンよりもっと安いお店が出来ればお客様はそちらに簡単に流れてしまいます。

 

ですがもしあなたの自宅サロンの価格が周りと比較して多少高くても、しっかりとお客様のメリットになる価値を提供していたとしたらどうでしょうか。

 

そこに通って下さるお客様は価格ではなくあなたの自宅サロンのファンですからいくら周りに激安自宅サロンがオープンしても関係ありません。

 

価格を設定する時に大切なのは皆様が「プロ」としてお店を経営しているということを忘れてはいけないということです。

 

もし心のどこかでプロ意識に欠けているようならメニューの価格は当然下げるべきです。

 

なぜならお客様はプロの提供するサービスと技術に対して料金という対価を支払っているからです。

 

逆に皆様がプロとして商売をするならその技術やサービスに見合った価格を設定するのは当然のことです。

 

本当に求めるべきなのは「価格の安さ」だけで自宅サロンの価値を決めるお客様ではなく「あなたの価値」を理解してくれるお客様だということを意識して価格設定についてもう一度考えてみましょう。

 

困った時のモニター価格

そうは言っても価値に見合った価格を設定するとどうしても値段が高くなりすぎてしまうことに抵抗を感じる方も多いと思います。

 

そんな時にオススメなのが「モニター価格」を活用する方法です。

 

自宅サロンをオープンする際や新メニューを導入する際に「モニター価格」や「新メニュスタート記念特別価格」として期間を限定したり人数を決めて反応や様子を探ることが可能です。

 

モニター価格を提供する際には必ず

  • この価格は期間限定であることを明確に表示する
  • モニター価格を利用された方の感想を必ずいただく

この2点を徹底しましょう。

 

またモニター価格を設定して価格を上げることを恐れてそのままズルズルと価格を下げたまま営業しないように注意してください。

 

いつの間にかモニター価格が正規料金になってしまった・・・なんてことになってしまうとお店のコンセプトからメニューの内容まで全てにおいてズレてしまう上に売り上げにも大きく影響を及ぼします。

 

モニター価格を導入する際には「期間」と「人数」を自分の中でしっかりと定めてそれを必ず守るようにして下さい。

 

ステップ3:自宅サロンの開店準備

自宅サロンの名前を決める

コンセプトやメニューが決まったらいよいよ自宅サロンのオープンに向けてより具体的な準備が始まります。

 

そのためにはまずご自身の自宅サロンの名前を決めるところから始めましょう。

 

もしあなたが自宅サロンのオーナーになるのでしたら売り上げに応じて確定申告をしたり、開業届を提出することにもなるはずです。

 

その際に個人名でも良いでしょうが、今後のことを考えて自宅サロン名で開業届を出したり、銀行の口座を作っておくと資金の流れが明確になり、よりオーナーらしくなれると同時に意欲も高まるのではないでしょうか。

 

自宅サロン名を考える際にはお店のコンセプトや自分が実現したいことを念頭に置いて、考えた名前がそのイメージとかけ離れていないかチェックしてみて下さい。

 

また考えた自宅サロン名が他の店舗でどの位使用されているのか検索するのも大切です。

 

もしHPなどを運営しようとした際に同じ名前の店舗の数が多ければ検索した時に上位に表示されるまでには非常に長い時間が必要になりお客様に見つけて頂くのが難しくなってしまうからです。

 

かといって誰も使わないような難しい名前にこだわり過ぎるとお客様に覚えて頂きにくいですし間違った検索をされて結局自分のHPにアクセスされない・・・なんてことにもなりかねません。

 

そうならない為にもコンセプトを基に

  • 自宅サロンのイメージが湧きやすい
  • 呼びやすい、覚えやすい
  • 検索されやすい
  • ライバルが少ない

これらに注目しながら自宅サロン名を考えてみましょう。

 

自宅サロンを宣伝しよう

せっかく自宅サロンをオープンしてもあなたの自宅サロンの事を誰も知らなければそれはオープンしていないのと同じことです。

 

このように書くと「そんなの当たり前でしょ」という声が聞こえてきそうですが、自宅サロンを開業なさる方の中には集客なんてしなくても資格さえあればお客様は勝手にやってくると考えている方も多いのです。

 

「集客」に焦点を当てすぎるとオープン前なのにお客様がご来店されて残念な思いをさせてしまうことになるので、オープン前の準備としては「自分のお店を知ってもらう」ことに注力します。

 

その具体的な方法として挙げられるのが以下の4つです。

 

  • HPの解説
  • ブログやSNSの運営
  • チラシの配布
  • 地域のフリーペーパーへの掲載

 

この4つの中で自宅サロンをスタートさせる方にオススメなのがHPやSNSなどを利用して宣伝を行う方法です。

 

広告宣伝はお金をかければかけるだけ大きな反響を得られますが、自宅を開放して自宅サロンをやる場合は「とにかく不特定多数の方に沢山来てもらいたい」という訳では無いと思います。

 

また自宅サロンの売り上げが安定してきた段階で宣伝するならまだしも、オープン前の段階で多くの宣伝費を使うのはリスクも高いです。

 

そう考えると今はチラシやフリーペーパーなどがきっかけでも多くの方がネットでお店の情報を調べてから予約を行う時代です。

 

営業前からお金をかけて宣伝するのも良いですが、それよりもHPやブログ、SNSなどを少しでも充実させる方が大切だと考えます。

 

そしてそれをいち早くアップしておきましょう。

 

ブログやHPには何を載せる?

オープン前に自宅サロンの事を知ってもらうために、HPやブログを早めに用意しておくのが大切だとご説明しましたがただ闇雲にアップすればいいというものではありません。

 

ブログやHPには以下の要素を必ず入れるようにしてください。

 

自宅サロン名

お店のコンセプトを基に、覚えやすく検索しやすい名前にしましょう。

 

間違えやすいつづりだったり読み方が分からないような名前では検索される回数は少なくなってしまいます。

 

またありきたりな名前にしてしまうと検索した時に上位表示されるまで時間がかかってしまうので、自宅サロン名の候補は必ず一度自分で検索してみてください。

 

メニューと料金

内容を詰め込み過ぎたり、凝ったメニューにし過ぎてしまうと本当に伝えたい内容がぼやけてしまいます。

 

  • どんな内容なのか
  • どの位の時間が必要なのか

 

これらを明確に分かりやすく表示しましょう。

 

またHP上にメニュー一覧を作って、お客様が求める情報がすぐに見つかるような構成にしておくことも重要です。

 

プロフィールと自己紹介

ほとんどのお客様はこの自宅サロンはどんな人がやっているのかをチェックします。

 

もしHP内に自己紹介が無いと、大型店やチェーン店ならいざ知らず、まだまだ無名な個人自宅サロンは中々信用してもらえません。

 

そういったお客様の不安を少しでも取り除いてあげるためにも、ご自身のプロフィールやなぜ自宅サロンを始めようと思ったのかそのきっかけなどを載せておきましょう。

 

オーナーの思いが書いてあると、不安な気持ちが払しょくされるだけでなくその思いに共感して足を運んでくださるお客様もいらっしゃいます。

 

取り扱うメニューに関連した経験や出身地、趣味などあなたの個性が垣間見える自己紹介にしましょう。

 

また抵抗がなければプロフィールと共に顔写真を掲載しておくのも有効です。

 

オーナーの人柄だけでなく顔もきちんと知ることが出来ればより安心してお店に足を運んでくださるはずです。

 

お店の地図や最寄り駅などのお店の情報

意外と忘れがちなのが自宅サロンの住所や地図、最寄り駅はどこでどの位の時間がかかるのかを記載しておくことです。

 

場所に関係なく自宅サロンを選んでくれる方もいますが、大抵は自宅や最寄り駅などの情報を基に自宅サロン選びをします。

 

また自宅サロンの場合、住宅街だと探すのも大変なので自宅サロンまでの地図を掲載しておくのもお客様にとっては嬉しいポイントです。

 

その他にも営業時間や定休日など「お店」にとって必要だと思われることも忘れないように掲載しておきましょう。

 

お問い合わせ先や予約フォーム

これを載せていないHPは無いと思いますが、せっかく予約しようと思っても連絡先や予約フォームがどこにあるか分かりづらいHPが非常に多いです。

 

これではせっかくアクセスされても機会損失が増えるばかりなので連絡先や予約フォームなどは見やすい位置に配置するように気を付けましょう。

 

自宅サロンに使う部屋を決めよう

ご自宅で自宅サロンをスタートする時に、ご自宅に部屋が沢山あるなら話は別ですが一般的なお家の場合、そこまで迷えるほどお部屋の選択肢は多くないはずです。

 

ただ、この部屋では到底無理だなと思うような部屋だったり自宅では自宅サロンなんて無理と思っていても視点を少し変えてみるだけで自宅サロンにピッタリの部屋に様変わりすることがあります。

 

例えば2階建ての住居で1階はリビングとキッチン、2階に空き部屋があったとしましょう。

 

普通に考えれば自宅サロンをやるのは2階の空き部屋が良さそうですが、お客様の目線で考えると、自宅サロンに訪れて知らない家の2階に上がるって結構怖くないでしょうか?

 

また自宅サロンルーム自体は良い雰囲気だったとしてもそこに行くまでの動線で生活感丸出しだったら一気に冷めた気持ちになってしまわないでしょうか?

 

そこで視点を変えて考えてみると、1階のリビングは広くて普段は家族がくつろぐスペースだったとしても、自宅サロンを営業している時間はあなた一人しかいないとしたら十分に活用できそうではないですか?

 

またお客様にお茶をお出しする際にリビングとキッチンの距離が近ければお客様をお待たせすることもないですし、逆にお客様を一人にして何かされないか心配することも無いのではないでしょうか。

 

この場合、2階の空部屋を自宅サロンとして利用するよりもリビングを整理して使った方が良さそうですが、このようにどこを自宅サロンとして使うと良いかは業種や自宅サロンの活動内容によって異なります。

 

料理教室をするなら当然キッチンに近くなければいけませんし、家族がいる場合は家族の動線や居心地の良さを考える必要もあるでしょう。

 

またお客様に心地よい空間を提供し、雰囲気を損なわないための動線もしっかりと考えて部屋を決めましょう。

 

コンセプトに合わせた部屋作りをしよう

部屋が決まったら次に自宅サロンのコンセプトに合わせて自宅サロンで使う部屋を整えていきましょう。

 

自宅サロンの部屋作りはお客様にどういう気持ちで過ごして頂きたいか、この自宅サロンで何を感じて頂きたいのかによって変わります。

 

リラクゼーション系の自宅サロンなら寒色系の色合いよりも、暖色系やパステルカラーといった暖かみを感じる色合いが良いでしょうし、部屋に配置する小物や絵などもどちらかと言えば優しさを感じるようなものがふさわしいと思います。

 

またネイル自宅サロンや美容関係の自宅サロンをやるのなら、お客様に「美」を意識して頂くような洗練されたイメージも良いでしょう。

 

ぬいぐるみやマスコットキャラクターばかりが並んでいる部屋よりもモノトーンや落ち着いた雰囲気の部屋の方が「美」を感じるはずです。

 

また自宅サロンの立地が悪いと感じたらその立地の悪さを補う工夫も必要です。

 

せっかく遠くまで足を運んだのに何の代わり映えも無い部屋ではお客様はリピートしてくれません。

 

都会ではオシャレに見えないカフェでも山の上にあれば急にオシャレに見えるように立地の悪さが時としてプラスに転じることもありますので、どんな環境であったとしてもそれを活かす工夫を絶えず考えましょう。

 

まずは最低限必要な物を揃えよう

 

自宅サロンを始めるにあたって自宅サロンの内装や小物などにとことんこだわりたい気持ちはとてもよく分かりますが無計画に欲しいものを買ってしまうとその経費を回収するだけで手いっぱいになりかねません。

 

ご自宅を使って自宅サロンをスタートする時はテナントを借りる程経費がかからないので財布の紐が緩みがちです。

 

ですが趣味ではなく経営するんだということを意識して経費の回収まで意識することを忘れないようにしましょう。

 

またオープン前に色々なものを購入しても実際にはほとんど使用しなかったり無駄になってしまうものも少なくありません。

 

まずは「必要最低限」のものを揃えてから足りないものを順次補給していく方が最終的に無駄が少なくなります。

 

自宅サロン用の通帳を用意しよう

先ほども軽く触れましたが、自宅サロン専用の通帳は早めに作っておくことをおススメします。

 

お金の管理を後回しにしてしまうと、いざオープンして忙しくなると中々銀行に行く機会も時間も作れませんし、何より家族の通帳と自宅サロンの通帳が一緒だと後々の処理が非常に面倒になります。

 

またお金の管理の面で言えば、個人事業主として開業する場合はお金の流れがとても大切な項目になります。

 

自宅サロンの口座を用意せずに誤った申告をすれば後々大きなトラブルにもなりかねません。

 

税金の申告のことも考えて自宅サロン用の通帳は早めに用意しておきましょう。

 

自宅サロンを始めるときに必要な届け出をしよう

どんな自宅サロンを始める場合でも共通して必要な役所への届け出になるのが

  • 個人事業主の開業届出書
  • 確定申告

この2つです。

 

個人事業主の開業届出書は原則として開業した1か月以内に届けなければいけません。

 

また確定申告は税金を納付するために前年度の収入や控除についての書類を2月から3月にかけて提出します。

 

加えて税務申告を「青色申告」するのか「白色申告」するのかでも必要な書類は異なります。

 

青色申告する場合は「個人事業主の開業届出書」を提出した歳の3月までもしくは、後から届ける場合は3月までに提出すると認定された場合はその年からの適応になりますが、それ以降の場合は翌年からの適応となります。

 

税金面の優遇では白色申告より青色申告の方がメリットが多いですが、簿記の知識や会計ソフトが無いと中々難しいでしょう。

 

税金の申告や各種届出についてはその年度ごとに内容が若干変更されることもあるのでもし不安な方は税務署に問い合わせてみましょう。

まとめ

ここまで自宅サロンを開業するための3つのステップについてご説明してきました。

 

自宅サロンと言うのは「誰にでも出来る」というメリットがある反面、その多くがなかなか続かずに辞めてしまうというデメリットもあります。

 

ですがご自身の技術や経験を活かして自宅サロンを開業するのは何よりもワクワクするものではないでしょうか。

 

  • いつか自宅で自宅サロンを始めたい
  • 持っているスキルを活かした仕事がしたい
  • 多くのお客様に喜んでもらいたい
  • プライベートと仕事を両立させたい
  • 子育てが落ち着いて自分の時間を楽しみたい

 

この中でどれか一つでも当てはまる方はきっと当サイトがお役に立てると思います。

 

自宅サロンの種類や勤務スタイルは全てオーナーである皆様が決定します。

 

そこには当然大きな責任が伴いますが、自分のライフスタイルに合わせた活動を自分の好きなように選択できるのは大きな魅力です。

 

また人によって成功の形は様々なので無理のない範囲でリスクも少なく経営することだって出来るでしょう。

 

それに自宅サロンのプロデューサーであるあなたが自分が心の底からワクワクすることや自分の本当に好きなことを仕事にすることで、それに共感してくれる多くの方と新しいご縁が生まれるでしょう。

 

自宅サロンはいわば小さなコミュニティーでもあるので好きなことが一緒の仲間をたくさん作ることだってできるはずです。

 

あなたが「大好き」なことを仕事にして毎日笑顔で過ごせるように当サイトをご活用ください。