あなたのサロン認知されてますか?集客の基本はまず知ってもらうことから

あなたのサロン認知されてますか?集客の基本はまず知ってもらうことから

あなたの自宅サロン認知されてますか?集客の基本はまず知ってもらうことから

 

私は今とあるマンションで家族と暮らしています。

 

結婚してから住み始めたので足掛け5年近く同じマンションにいるのですが、つい先日娘とマンションの近くを散歩していたらとても感じの良さそうなカジュアルレストランを見つけました。

 

こんなところに新しいレストランが出来ていたよ!家に帰ってから妻に話すと衝撃の一言が。

 

「あのレストランが出来てもう何年も経つけど知らなかったの?」

 

仕事は忙しいものの娘たちとは良く散歩しているので今自分が住んでいるマンションの近くにはどんなお店があるかある程度把握しているつもりでいたのでこれには本当にびっくりしました。

 

そしてそれと同時にこのレストランのようにオープンしているのに全く認知されていない自宅サロンも多いのだろうなと思ったのです。

 

そこで今回のテーマは「あなたの自宅サロンは周囲に認知されているか」ということについて。

 

自宅サロンを開業している方の多くがご自宅であったり、どこかに部屋を借りて営業されているかと思いますが、そのことをどれだけの方々が認知しているのかについて考えたことはあるでしょうか?

 

もしかしたらあなたの自宅サロンの事を誰も知らなかった・・・なんてことが起きているかも知れません。

 

誰も知らないという事はすなわち、選択肢にも入らないわけですからもちろん売り上げには繋がりません。

 

このように自分の自宅サロンが周囲に認知されているかどうかについてはっきりと知ることは正直難しいと思います。

 

近所の方一人一人に聞いて回る訳にもいきませんし、あなたの親しい方に聞いてもその範囲は限られているからです。

 

ですが、認知されているかどうかは置いておいても、改めて周囲に自分の自宅サロンのことを宣伝するのは可能ですよね。

 

そこで今回は地域密着型自宅サロンで確実に認知度を高める方法についてご説明したいと思います。

 

個人自宅サロンの集客をするなら圧倒的にチラシが良い理由
あなたの自宅サロンの事業規模にもよりますが、基本的にこのサイトではご自宅や小規模なテナントを使って営業している自宅サロンの方向けに情報を発信していますのでそれ前提で考えると、お客様の大半は店舗付近にお住いの住人の方だと思われます。

 

近隣住人の場合、ご自宅前に看板などを出していれば行ったことはないけど何をやっているかは知っている。最低コレくらいは認知されていると思います。

 

ですがあなたの自宅サロンの前を通る方は1年を通して常に同じなはずです。

 

つまり認知度は永遠に変わらないという事です。

 

いくら自宅サロンと言ってもこれでは商圏が狭すぎるので出来ればご近所さん以外にもある程度広い地域まで自分の自宅サロンを宣伝したいですよね。

 

そんな時、今人気なのがFacebookやインスタグラムなどのSNSを利用した宣伝になるのですが、SNSは無料で利用できる反面、反響を得るまでにある程度の期間が必要になります。

 

もしあなたの自宅サロンがその地域に一つしかないのであれば比較的早めに反響があるかもしれませんが大抵の場合、同業の店舗が存在しているからです。

 

コストをかけられないのであれば地道にSNSを使って認知度を高めていくしかないのですが、もし経費をかけてでも集客を増やしたいならチラシを使うべきです。

 

ですがチラシと聞くと全然効果が無いと拒否反応を示す方も多くいらっしゃいます。

 

確かにチラシって古臭いイメージがありますし、貰ってもすぐに捨ててしまいますもんね。

 

ですが周知されるまでに時間がかかるネットと違い、チラシはある意味無理やり配るものなので周知される期間が圧倒的に短くなります。

 

またより広範囲にわたって自分の自宅サロンを宣伝できるので商圏も広がることが期待できます。

 

チラシはただ配ればいいものでは無い
とはいえチラシを闇雲にばら撒けば必ず効果が出る訳ではありません。

 

過去にチラシを配布して効果を感じなかった自宅サロンの多くが
チラシの内容が悪い
配布数が少ない
この2つの間違いを犯してしまっているのです。

 

まずチラシの内容についてですが、基本的にチラシなんてほとんど読まれません。

 

これを言っては元も子もないのですが、読まれないチラシだからこそその中身が重要になるのです。

 

せっかくチラシを作るんだからお店の事を知ってもらうために、自宅サロンのメニューを全て掲載したりサービス内容を細かく記載する方がいらっしゃいますが、ただでさえ読まれないチラシがこのように文字ばかりではさらに読まれません。

 

また内容に注力しすぎて肝心の店舗の地図が小さかったり、個人自宅サロンなのにスタッフの人柄が分からないなど肝心なことが抜けてしまっていることも多いです。

 

そしてもう一点はチラシの配布数の少なさです。

 

一般的にチラシの反応率は良くて配布数×0.1%と言われています。

 

5000枚配布して5人集客に繋がる計算ですね。

 

ですがこれを知らないと500枚も配ったのに反応が無かったと思ってしまうのです。

 

そもそもこの考えは根本的に間違っているのです。

 

チラシを配布するなら予算に応じてある程度の数を配布しなければ効果が無いということもきちんと覚えておきましょう。

 

最近ではチラシの印刷やポスティング料金もかなり安くなっています。

 

またSNS全盛の時代だからこそアナログなチラシが効果を発揮しています。

 

チラシ配布の最大の目的は「周知の徹底」です。

 

ただお客さんが来ないと待っているだけでは集客も売り上げも増えることはありません。

 

待つだけの商売から攻める商売に切り替えるための第一歩としてチラシを上手く活用してみてはいかがでしょうか。

 

チラシの宣伝は効果あり?チラシから集客する際の3つのポイントとは

 

現在集客において一般化しつつあるのは無料で行えるTwitterやインスタグラムかとは思いますが、昔ながらの手法として忘れてはいけないのがチラシやDMを使った集客方法です。

 

ですがチラシもむやみやたらにばら撒いてもそれが集客に繋がることにはならず経費が無駄になってしまいます。

 

そこで今回はチラシを作る際に重要なポイントを3つの要点に分けてご説明したいと思います。

 

そもそもチラシには集客効果があるのか?
チラシ作成のポイントについてご説明する前にまずは今でもチラシで集客効果があるのかについてお話ししましょう。

 

先述した通り現在、多くの自宅サロンでSNSを利用した集客が行われています。

 

無料で広告出来るメリットに加え、反響がすぐに分かりことから人気ですが、それに比べて皆様はチラシを作るのはどこか古臭いイメージをお持ちではないでしょうか?

 

そこで結論からお話するとチラシを使っての集客は現在でも大きな効果があります。

 

それはチラシにはネットだけでは届かい層への確かな訴求効果があるからなのです。

 

いくらSNSで宣伝してもあなたの自宅サロンが検索されなかったらそれは何もしていないのと同じことですし、SNSで集客に漕ぎつけるためにはTVや雑誌で特集されるなどのよっぽどの話題が無い限りフォローが増えるのに長い期間を要します。

 

でもチラシなら不特定多数の方の目には確実に留まるはずです。

 

それはネットでの宣伝に比べ大きなメリットになることは間違いありません。

 

それでも過去にチラシでの集客をしてみたけれど反響が少なかったという方もいらっしゃるかと思います。

 

ただ以前に蒔いたそのチラシがそもそも「しっかりと作られていたのか」もう一度見直してみて下さい。

 

その上でこれからお伝えする3つのポイントと照らし合わせてみると自ずと改善点が見つかるはずです。

 

チラシ集客のポイント① チラシに掲載するメニューを厳選する
チラシを作成する際にせっかくだからとメニューの内容をあれもこれも記載してしまう気持ちは分かりますがそれは大きな間違いです。

 

そもそもチラシというものはよっぽど興味が無いもの以外は基本流し見するものですからそこにごちゃごちゃと内容を詰め込むのは無駄な事です。

 

それよりもいかにその一瞬で目を引くメニューやキャッチコピーを作るのかに注力した方が遥かに集客率は高くなります。

 

例えばエステ自宅サロンの集客をチラシで使用と思った時にご自身の自宅サロンのメニューが
脱毛
痩身
フェイシャル
を取り扱っているとしましょう。

 

ここで多くの方がこの3つの内容を丁寧にギッシリと書き込むのですが、先ほどもお伝えした通りそんなに内容を詰め込んでも読み込む方はほんのわずかに過ぎません。

 

それよりも自宅サロンの中で一番自信のあるメニューや来客して欲しいターゲット層をしっかり絞り込んでその方に対して効果的な内容やキャッチコピーを作る方が遥かに効果的です。

 

「たった3か月でマイナス10キロを実現する埼玉の痩身エステなら○○」

 

こういった効果を数値化して具体的に表したりコースを絞って目に留まりやすいキャッチコピーを作ると求めるターゲット層にしっかりと訴求することが可能になり結果として集客に繋がります。

 

チラシ集客のポイント② チラシに掲載するメニューそのものも絞る
先ほどの例で考えるといくつかあるメニューの中から「痩身」に絞ってチラシに掲載したわけですが、そうすると他のメニューもあるのに載せないのは勿体ないという考えも出てくるのではないでしょうか。

 

もちろん他にもオススメのメニューがある場合には掲載しても良いと思いますがあくまでメインとなるメニューは一つにしそれを目立たせるように掲載しなければなりません。

 

いくら自信のあるメニューがいくつかあっても全てを同じレベルで掲載してしまうと結果的に全体の構成がぼやけて何を伝えたいチラシなのかが分からなくなってしまう恐れがあります。

 

そういった場合にはチラシのデザインを宣伝したいコースごとに変更して時期をずらしてチラシを配布してみるのがおススメです。

 

そうすれば内容がぼやけることもありませんし、その内容によってどの位反響が違うのかを知ることも出来ます。

 

そうすることでその地域のお客様が何を求めているかを把握できて、さらに効率的な集客方法を考えることが可能となります。。

 

チラシ集客のポイント③ 松竹梅の理論で価格を決める
チラシに掲載する際はメインとなるメニューを松竹梅の理論に基づいて3つのコースを作ることもおススメです。

 

松竹梅の理論とは価格の違う3つのコースを設けると人は心理的に真ん中のコースを多く選んでしまうというものでやり方によっては単価や売り上げアップにも大きく関わってくる手法です。

 

このようにチラシを作成する際は
チラシに掲載するメインのメニューを厳選する
メインがぼやけないように他のメニューの掲載は控える
メインとなるメニューごとにチラシの内容を変える
松竹梅でメニューを作る
これを実践するだけでチラシによる集客が非常に期待できる内容になると思います。

 

また時期や気候に合わせて内容を変えてみたりこれから売り上げを強化していきたい部門をメインにするなど工夫の方法はいくらでもあるはずです。

 

一見古臭いイメージのチラシにもまだまだ集客に効果が期待出来る個所は沢山あるので是非上手に活用してみてはいかがでしょうか。